-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-24 01:50 | カテゴリ:未分類
1月5日、午前6時頃、テディが亡くなりました。34歳でした。

DSCN6992_convert_20130122050632.jpg

解剖の結果を待ってのご報告になった為、遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

一昨年頃から、横になると自力で起き上がることができなくなってきていて、少しずつ体力も落ちてきていました。

そして昨年の11月中旬頃、体調を崩し始め下痢と発熱が続き、抗生剤の注射や下痢止めの薬を投与し

治療を続けてきましたが、症状はなかなか回復せず徐々に痩せてきました。

12月の中旬には放牧中に転倒する回数も増え、スタッフ3人で起こそうとしても腰や後肢に力が入らないので

重機で起こしていましたが、安全を考えその後馬房内で様子を見ることにしました。

自力で立っていることはできたのですが、何度か転んでしまいチェーンブロックを使って立たせました。

しかし、1月3日になると自力で立っているのも難しくなったので、吊起帯でお腹部分を支えながら立った状態を

保ちましたが、翌日になると状態が悪化し1月5日の午前6時頃に息をひきとりました。

大学に運び解剖をしてもらった結果、自力で立てなくなったのは股関節関節症が原因で、死因は腫瘤性からの

結腸腸閉塞でした。

繝・ョ繧」竭」_convert_20130122051200

テディはもともと函館の神社のお祭りに出ていました。

その後、ニセコ乗馬ビレッジに来てトレッキングの仕事をしていて、子供たちから大人気でした。

小さい体にかわいい顔、怖がっていた子供も歩き出すと笑顔になり、トレッキングが終わっても

「降りたくない!もう1回乗る!」とだだをこねる子もいました。

P8070035_convert_20130123015906.jpg

一生懸命に合図をする子供たちに、優しくこたえるテディでした。

13_convert_20130123015617.jpg

そこにいるだけでほっと癒される存在のテディ。

トレッキングの仕事を引退した後は、仲良しのマーガリンと一緒にホーストラスト北海道で過ごしていました。

DSCN8039_convert_20130122051609.jpg

放牧地でのんびりしたり青草を食べたり、日向ぼっこをしたり、マーガリンとはいつも一緒。

PB230330_convert_20130122053729.jpg

牧草を食べる時も一緒。

DSCN1020_convert_20130122051809.jpg

雪が降っても一緒にいると温かいね。

DSCN1744_convert_20130122061053.jpg

おやつをおねだりする時も、もちろん一緒でした。

スポンサーの方々が、馬たちに会いに来られた時にはテディとマーガリンのコンビは、かわいがっていただきました。

そのおかげもあり、こんなに長生きできたのかもしれません。

これからは、ホーストラスト北海道の馬たちがテディのように長生きできるよう、見守っていてね。

DSCN0548_convert_20130122052343.jpg

テディと過ごせた時間、とても楽しかった、ありがとう。



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://hthokkaido.blog93.fc2.com/tb.php/239-03bc296a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。